射手座の木星インタビュー

12年前は何してましたか?

12月の初旬に、とあるイベントで射手座について話すことになりました。僕は「射手座に木星があった期間(2006年11月24日〜2007年12月19日)の出来事を調査して発表する」というテーマに決めました。

  

それの準備のために、インタビューにご協力いただける方を募集します。ZoomかSkypeで、だいたい30分を目安に。

 

木星は「大きくする、増やす、豊かに恵まれた状態にする」役割の天体です。その木星が射手座という場所を通過する約1年間は、その木星の意味が強まります。

 

その配置ができあがった約12年前、実際にどんなことがあったのか。印象的だった体験や出来事についてお話いただきながら、ホロスコープを出して木星がどのような影響を与えていたのかを簡単に解説いたします。

 

それを知ることで、2018年11月8日に12年ぶりに射手座に帰ってくる木星が、あなたにとってどのように働くのか、少しだけ参考になると思います。

 

「射手座」「木星」という基礎知識についてもう少し詳しく知りたい方はこちらを参照してください。

インタビュー可能な日時

以下のカレンダーの「射手座の木星インタビュー可能」という文字をクリックすると、ご予約が可能な時間が表示されます。基本的に「19:00〜、20:00〜」です。金曜日は終日受付可能な日もあります。

 

※10月分のご予約は全て埋まりました。

当日までの流れ

①ご予約

下記のご予約フォームより、ご希望の日時などをお知らせください。日時が決まりましたらメールにてご連絡いたします。

②事前に準備していただきたいこと

以下のような質問をさせていただきます。事前に振り返っておいていただけるとスムーズだと思います。

 

【質問】射手座に木星が滞在していた「2006年11月24日〜2007年12月19日」の約1年間について

  • 一言で言うと、どんな時期でしたか。
  • 最も印象的だった出来事や体験についてお聞かせください。
  • その1年で大きく発展したこと、広がったこと、増加したこと、トントン拍子に進んだ事、棚ぼた的なラッキーと感じたことなどはありましたか。それは具体的にどんな事でしたか。
  • その一年を通じて、よくしていた行動、習慣、考えていたことなどがありましたらお聞かせください。

③当日

SkypeかZoomの画面共有機能を使い、ホロスコープを出しながらミーティングします。

時間はだいたい30分の予定です。

④その後

個人情報の取り扱いについて

出生情報とインタビューの内容は、占星術の調査と発表を目的として使わせていただきます。ご本人が特定できない形で、回答者様のホロスコープをイベント内で使用させて頂く場合があります。あらかじめご了承ください。

ご予約

以下のフォームから出生情報とを希望される日時をお知らせください。